北 大 蹴 休 記

アクセスカウンタ

zoom RSS 100均で家作ろう

<<   作成日時 : 2015/02/23 20:04   >>

面白い ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0







2月18日午前3時、僕たちは







震えてました。
画像


事の始まりは二日前の2月16日。

最近、いつも生き急いでいて、OFF日にも何か充実した一日を送らないと気が済まないロッキーの一言。
「ひろき!明日100均で色々買って何かデカイもんつくろうぜ!そうだな、家がいい!」
数時間前に女に振られたショックで頭が沸いてしまったのか、意味のわからない提案をしてくるロッキー。

画像

しかしその提案に少し魅力を感じてしまった僕、山本ひろきは、北大サッカー部2年目で一番フットワークの軽い、いつかフットワークの軽さが原因で死ぬんじゃないかと不安視されている野口峻太朗を誘いました。
画像

彼の返事は言うまでもないでしょう。


そうして三人は17日の練習後、作戦会議をするべくマックへ。
画像

とは言え、「100均で家を作る」としか決めてなかったので、内容を練りました。そうして決まった今回の企画は

「100均で買ったものだけで野外に家を作って、そこに一泊しよう」

大学生は時として、自分たちの実力を過信し、自分たちなら何でも出来るのではないかと考え、無謀な行動を起こしがちです。今回はその典型的な例です。

マックで設計図や必要材料のピックアップを終えた一同は札幌駅のDAISOへ。

画像


画像


お目当ての物を買えて大満足な一同は希望に胸を膨らましダイソーを後にします。

早速家づくりです。
建設場所はサッカーグラウンド。まずは深く積もった雪を掘り、掘りごたつのような穴を作ります。

画像


サークル会館から家に帰る人達の目が気になります。
土台となる基礎部分を掘り終えたところで家の壁を作ります。ここで鍵となるのがこの商品。

「アルミ保温シート」!!

画像

「保温に大活躍!」とまで書いてある最高の商品です。これがあれば家の中の保温はバッチリ!野外でも風邪を引く心配はありませんね!まるで僕らのために生まれた商品のようです。

これを四隅の柱(伸縮性つっかえ棒80〜120cm)と接着(布テープ)します。風で揺らがないよう、柱に紐を巻きつけ、紐のもう一方をこれで地面に固定します。

画像


この商品があるだけでキャンプ感がグッと増すので、もし100均で家を作る機会があればオススメです。

このあと屋根にブルーシート、床にアルミシートを敷き、一応家の概形が完成です。

画像


ひと段落し、腹を空かせた三人は大将へ。肉チャーで英気を養い体を休めます。
画像

大将がこんなに美味く、居心地よく感じたのは初めての経験です。

そんな最中、二年目のエース堀井から、彼女と温泉旅行を楽しむ写真が送られてきました。
画像

かたや彼女とイチャイチャラブラブぬくぬく温泉旅行、かたや極寒の地・札幌で男三人で震えながらグラウンド泊。
画像

嫉妬という感情を知らない僕もこの表情です。

自宅のベッドで寝たいなあ、と喉まででかかった言葉を飲み込み、三人は "家" に帰ります。

気を取り直して内装紹介です。
画像

人が中に入るとこんな感じ。
画像

男三人が足伸ばして寝られる程度の大きさですね。

布団だって100均で買うしかないのですが、布団は売ってなかったので、

「自転車カバー」
画像

そして「超吸収マイクロファイバーバスタオル」
画像


この二つを合体して簡易寝袋を作りました。

また、室内を暖かく保つために大量の蝋燭とカイロを用意。

画像

画像


峻が少し可愛いコぶってるのはご愛嬌。

非常食として、体を芯から温めるための「カラムーチョ」、雪山遭難時の鉄板「マーブルチョコ」等も用意!

さぁこれで寝る準備が整いました。体中に貼るカイロを貼り付け、蝋燭に火をつけ、いざ就寝!

「あれ?意外に寝心地いいんじゃね…?」疲れが限界に達していたのか、一同簡単に眠りにつけました。
画像



事件が起きたのは午前3時頃。

寒い。
全員寒すぎて起きました。

身体中に貼ったカイロと体温で、床に触れていた部分が温まり、床下にあった雪や凍土が溶け出し、床の一部に水溜りが発生。不幸な事に、ロッキーが敷き布団代わりにしていた「超吸収マイクロファイバーバスタオル」が発生した水分をすべて吸い取り体を冷やします。さすが超吸収。完璧に裏目に出ます。

画像


寝る場とバスタオルを失ったロッキーは、座りながら蝋燭に手をかざし、「俺は火の番人になる」などと訳のわからない事を呟いてました。失恋が人に与えるショックの大きさを知りました。
画像


そんな中、これまた温泉に行っている、一年目海東亘から僕らへの当て付けのようなLINEがきます。


画像


読書アピールでインテリぶってるけどきっと官能小説でしょう。



朦朧とする意識の中、ただただ「早く夜が明けてくれ」と願い、マーブルチョコを相棒にひたすら耐え忍びます。

途中、本当にこれで死んだらどうしよう、
やっぱりこんな事故起こしたらサッカー部も廃部になるよな、
インカレどころじゃないな、
などと考える程度には寒かったです。






そんなこんなで






長かった夜が明けました。

画像


みてください、この憔悴し切った三人の顔を。
いつも練習で虎のように猛々しく吠えているロッキーの顔が、
まるで、三日三晩飲まず食わずだったカバのような近間のような顔です。




しかしまあ散々な夜でした。
今思えばあれ家じゃないですしね。
家風の野外で、バスタオル一枚で、寒空の下寝てただけでした。自殺行為です。



何はともあれ、一晩生き残ることができました。今回の企画は成功と言えるでしょう!
風邪も引かなかったし!
少し楽しかったし!

画像




…もしも、真冬の北海道で、100均で家を作ろうとしている友人がいたら、止めてあげてください。



月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
100均で家作ろう 北 大 蹴 休 記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる